激熱!Google使って無料でA/Bテスト!!

Google Optimize

Google Optimize

ちょっと大げさなタイトルですが、ここ最近利用したサービスでは一番熱いです!

以前から存在は知っていましたが、日本語には対応しておらず日本語恋しい私はちょっとばかし距離を置いていました。
しかし、先日久々に確認して見たところ、なんとなんと日本語に対応しているじゃありませんか!!

これはもう使ってみるしかないですね。

A/Bテスト、多変量テストってなに?という方は下記の記事を参照にすると楽しく理解できます。
「猫」で説明します。A/Bテスト・多変量テスト

Google Optimizeのここがスゴイ!

Google Optimizeのスゴイところは、大したことをしないのであればHTML / CSS / プログラミングの知識が全く不要ということです。

Google AnalyticsにもA/Bテストを実施する機能はあったのですが、エンジニアとの連携が必要でした。

Google Optimizeでは、画像のアップロードなど必要な素材は事前にアップロードしておく必要はありますが、サイト運用担当者だけで完結することができます。

そのため、

  • 既存のランディングページのキャッチコピーとアイキャッチ画像を数パターン用意して、ユーザの流入を試験する

なんてことが、簡単に実現できてしまいます。

今まで、コンバージョン向上のためにエンジニアと連携しなくてはならず、「今手が空いていないから無理!」と断らられムキムキしていた運用担当者にとってはこの上なく熱いサービスでしょう。

A/Bテストの内容

さて、何をテストしましょうか・・・
ということで、急遽下記のようなテスト内容を用意してみました。

ちなみに、今回用意したテスト内容と同じことをする場合、HTML / CSSの知識は不要です。

検証内容

トレンドをYoutube動画でお届け![TuList] の広告効果を検証!!

サクセスストーリーを連想させるバナーを2パターン、ホラーストーリーを連想させるバナーを2パターン、計4パターンを用意。

誰もが気になる「お金の話」にどのバナーが一番食いつきがいいかを検証。

幸いなことにサイトの特性上、色々な属性の方が訪れてくださっています。
そのため、もしかしたら年齢別・性別での意外な相違点なども発見できたりするかもしれません。

検証パターン

下記の通り4パターンのバナーを用意

タイプ 画像
サクセス(レベル1)  
ホラー(レベル1)  
サクセス(レベル2)  
ホラー(レベル2)  

サイト上での表示イメージ

サクセス1 ホラー1
サクセス2 ホラー2

リンク先は全てお金の話をまとめたプレイリストになっています。

プレイリスト:お金の話

検証結果 Coming soon

残念ながら、まだテストを開始したばかりのため検証結果をお伝えすることができません。

しばらく運用してみて結果はこちらのブログでご報告します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする